マツコの知らない世界で紹介されたセブンイレブンのスイーツ(和菓子)食べてみました

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コンビニ和菓子が熱いようです。
2016年09月27日『マツコの知らない世界』の「コンビニ和菓子の世界」で紹介されたスイーツが気になったもんで、早速いくつか買って食べてみました。

まずはセブンイレブン。
セブンイレブンは惣菜などのレベルも高いことで有名ですね。
売上・人気ともコンビニエンスストア業界で他の追随を許さない圧倒的1位を維持し続けるためにも常に魅力的な商品を開発・提供しています。

マツコの知らない世界で紹介されたコンビニのスイーツ(和菓子)食べてみました【ローソン・ミニストップ】

「衝撃の新食感!飲むわらび餅」と気になるタイトルで紹介されていた『ふわっとろてぃらみすわらび』(120円)。
スイーツコーナーには大々的に『マツコの知らない世界』で紹介されたことをPRしていました!
マツコの知らない世界で紹介された「ふわっとろてぃらみすわらび」

早速購入。
120円ってなんて良心的なお値段なんでしょう。安いですね
ふわっとろてぃらみすわらび購入
イートインができるお店だったのですぐに食べてみることに。

パッと見「わらび餅」感はなく、ティラミス感の方が強いです。
ふわっとろてぃらみすわらび外観

外側が「わらび餅」、その中に「チーズクリーム」、そして真ん中に「コーヒージュレ」が入っているそうです。
ふわっとろてぃらみすわらび中身

名前の通り「ふわっ」として「トロトロ」。
柔らか過ぎて、手で持つのは難しいです。
「飲むわらび餅」は言い過ぎですが、本当に食べたことがないような食感です。
「本わらび」を使用した「わらび餅」も同じように柔らかいですが、中に入っているコーヒージュレとチーズクリームが食感をより複雑にしています。

食感に気を取られ過ぎて、味わうのを忘れちゃいます^^;
「わらび餅」として食べると「ん?」と思いますが、新食感ティラミスだと思うと美味しいです(^^♪

▲ ページTOPへ

セブンイレブンでもう一つ。
「香ばしさ凝縮!濃厚ダレしたたる本格派」というキャッチコピーで紹介された『もっちり香ばしみたらし団子』(125円)。
探してみたのですが、同じ名前の商品はなく『お出汁かおる 包みみたらし』(100円)が近いようで『マツコの知らない世界』で紹介されみたいにPRしてました。
マツコの知らない世界で紹介されたみたらし団子

どうやら『もっちり香ばしみたらし団子』は販売エリアが「北海道・東北・関東・甲信越・静岡」と限定されているそうで、関西では購入できないそうです。
串のない「みたらし団子」は地域に合わせて4種類を展開しているそうですが、勝手に合わさないでもらいたいものです。
関西人がみんな同じ味覚って訳じゃないですからね^^;
少数でいいのでお店に置いてもらいたかったです。

仕方ないので『お出汁かおる 包みみたらし』を購入。
『お出汁かおる 包みみたらし』外観

団子の中に「みたらしたれ」って、前から大阪土産でいくつか出てるやつ(千鳥屋の「みたらし小餅」など)と同じで別に目新しいわけじゃないですね。
確かに食べやすいし、美味しい。
好きなやつですが、驚きやインパクトは全くないですね^^;
お出汁かおる包みみたらし

セブンイレブン以外のコンビニでも色々と和スイーツも出してるようなので、これからもチェックしていこうと思います♪
スイーツといえば「ミニストップ」が頭に浮かぶので、次はミニストップの商品を検証してみるとします。



▲ページTOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする