中華そば「雀」宝塚IC近くの気になるお店に行ってきました‼

シェアする

シックで落ち着いた雰囲気の外観が気になっていた「中華そば 雀」。
「つけ麺 雀」と同じ雀グループのお店だというのを聞いて早速食べに行ってみました♪
中華そば雀・外観

スポンサーリンク

中華そば 雀

住所:兵庫県宝塚市安倉中2-12-34 ≫ MAP
TEL:0797-80-7466
食べログ ≫≫ こちら


尼宝線を宝塚方面に進むと、宝塚インターチェンジの手前・右手にお店があります。駐車場は7台分と近隣のお店に比べると少し少ないですね。
駐車場

入口横に喫煙スペースがあります。店内禁煙なんだな、とすぐわかりました。
喫煙スペース

店内に入りすぐ右手に券売機があります。メニューの種類はそんなに多くないので選びやすいですね^^
中華そば雀・券売機
基本は「中華そば」「つけ麺」「辛つけ麺」「まぜそば(キムラ君)」の4種類。
「まぜそば キムラ君」は期間限定、だそうです。いつからいつまで、と書いてないので人気が出るようなら定番にするのかな??
まぜそば・キムラ君
初めての時はとりあえず1つ「定番」を注文します。あとはその時に気になったメニュー。ということで、今回は「中華そば(味玉)」と「つけ麺」を注文。

▲ページTOPへ

店内はカウンター席が10席と6人掛けのテーブルが2卓あります。空いてましたがカウンター席に案内されました。カウンター席の椅子は大きな”壺”になっています。これ意外と座りやすいです^^
店内の様子
外観も店内もえらい綺麗だなと思ったら、オープンしたのが2015年11月だそうです。まだ1年ちょっとしか経ってないんですね。綺麗なのも頷けます。

卓上には胡椒に七味、お酢などがあります。胡椒が”ガリガリ”するペッパーミルだったり、胡椒が黒胡椒だったりしてお洒落ですね♪ ウェットティッシュや紙エプロンがあるのもポイント高いです。
卓上(胡椒・七味・お酢)

「中華そば」と「つけ麺」だとやはり「中華そば」の方が早く出てきました。少し遅れて「つけ麺」。大体どこのお店でも「つけ麺」はラーメンより茹で時間の関係で遅れるものですが、ここはそんなにタイムラグはなかったです。。

味玉 中華そば(830円)
厳選した鶏ガラを丁寧に煮込んで抽出した”鶏スープ”に熊本県産の秋刀魚節からとった”ダシ”を合わせた「Wスープ」だそうです。
味玉 中華そば
「味玉」は丸ごと1個。チャーシューは結構分厚くて美味しいです♪ 他に、メンマと白髪ネギが入ってました。白髪ネギ好きです(^^♪
味玉とチャーシュー
麺は少し縮れています。個人的にはもうちょっと細麺の方が好きかな^^;
麺
スープは鶏ガラの油が浮いていて思っていたより濃厚。甘みがあるのも鶏ガラスープだからかな?もう少し魚介の出汁が効いててほしかったな^^;
中華そばスープ

スポンサーリンク

▲ページTOPへ

つけ麺(800円)
厳選したサバ節・かつお節から抽出したダシと豚骨スープを合わせた濃厚な魚介豚骨です。料理と一緒にスープ割用の出汁を持って来てくれます。
濃厚つけ麺
麺は中華そばと同じくらいの太さです。あれ?同じ麺かな??
つけ麺の麺
濃厚なスープで、中にはチャーシューやメンマが入っています。
濃厚スープ
スープにチャーシュー
メンマ
魚介の出汁が効いていて濃厚でもしつこい感じはありません。旨いです(^^♪

▲ページTOPへ

個人的には「中華そば」より「つけ麺」の方が断トツ好きです♪♪
スープ割の出汁には柚子が入っており、サッパリして美味しいです‼ つけ麺の途中で少しだけスープ割して食べるのも味が変わっていいかもしれませんね(^^♪

お昼はランチセットがあるそうです。(ランチセット300円)
餃子(300円)+おにぎり(200円)が300円で食べれるそうです。
ランチセット

グループ唯一の「中華そば」のお店ですが、他のお客さんも「つけ麺」を食べている人が圧倒的に多かったです。「つけ麺屋」さんで良かったのでは?^^;

【追記 2017.09.06】
雀グループと言えば、最近アメ村で見かけた「油そば きりん寺」が気になります。読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」の“街かどトレジャー”で関西大学近くのお店(吹田市)も紹介されていました。
油そば きりん寺 アメリカ村
油そば好きの僕としては看過できません。今度どこかで見かけたら食べてみようと思います!

きりん寺 店舗一覧

中華そば 雀

住所:兵庫県宝塚市安倉中2-12-34
アクセスマップ(地図)
TEL:0797-80-7466

営業時間:11:30~15:30、17:00~22:00
定休日:水曜日

席数:22席(カウンター10席、6人掛けテーブル×2卓)
タバコ:完全禁煙
カード:不可
駐車場:7台

食べログ ≫≫ こちら

▲ページTOPへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする