関西トップレベルの炭酸泉?!花山温泉に行ってみました(^^♪

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

盆休みに実家の和歌山へお墓参りしたついでに前から気になっていた「花山温泉・薬師の湯」に日帰り温泉してきました。
実家と同じ和歌山市内にあるので車で10分程。

あまりに近すぎて今まで一度も行ってなかったのですが、TVで紹介されているのを見て行ってみたくなりました。
ウラマヨで放送

・7月27日の『ヒルナンデス!』の「暑い夏だからこそ行きたいひんやり温泉」
・8月6日放送の『ウラマヨ!』の「夏はぬるめの炭酸泉がオススメ」

「関西トップレベルの炭酸泉」って紹介されてましたが、オフィシャルサイトを見ると「関西最強炭酸鉄温泉」だの「全国屈指の高濃度温泉」だの謳っています。
一体どれほどのものなのか?体験してきました。

スポンサーリンク

営業時間は8:00~23:00なんですが、17:00以降が割引時間帯ということで夜に寄ってみることに。
(大人だと通常1100円が850円になります。)

もっとこじんまりした温泉施設だと思ったのですが、意外と大きい!
日帰り温泉だけでなく宿泊施設もあるそうな。
地元なのに知らなかった^^;

花山温泉・外観

1階入口入ってすぐ左手にお食事処「和み亭」というのがあります。
味のある雰囲気、車でなかったらお風呂上りにビールと美味しいもの食べて帰りたいとこですね。
お食事処「和み亭」

受付は2階。
2階へ上がるとすぐ左手に券売機があります。
券売機
割引時間帯なのでちゃんと割引料金になってました。
タオルなどは持って来てなかったので、「大人入浴券」850円と「手ぶらセット」380円、合計1230円を購入。
(手ぶらセットは「バスタオル+フェイスタオル」)

受付で渡していざ入場。
大人割引料金+手ぶらセット

▲ ページTOPへ

入浴前に水分補給。
冷水機があったので飲んでおきました。
ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの奥に何やら気になるものが。
炭酸泉が凄い勢いでパイプを上がっていきます!


地下500mより天然の炭酸ガスの圧力のみで自噴している温泉ならではですね。

受付から温泉まで少し遠いです。
更に進むと花山温泉の源泉が飲めるところがありました。
花山温泉源泉
予想通り美味しくなかったです^^;

ちなみに花山温泉の源泉は10リットル以上は有料だそうです。
10リットルにつき100円、フロントにて受付してます。
そうこうしていると着きました。
花山温泉入口

貴重品ロッカーがあります。
100円要りますが、使用後返却されるタイプ。
取り忘れに注意です。
貴重品ロッカー

スポンサーリンク

▲ ページTOPへ

人気のある温泉なんで人が多く、浴場の様子はさすがに写真撮影は無理。
ということで楽天トラベルさんからお借りしました。

男性大浴場入ってすぐ右手にサウナ、そして水風呂などがあります。
サウナを覗いてみると、結構人が入ってました。
男性サウナ
(出典:http://travel.rakuten.co.jp/

水風呂・打たせ湯
(出典:http://travel.rakuten.co.jp/

温泉が目的なのでサウナなどはスルーし、奥の温泉ゾーンへ。
(もちろん湯船に入る前に体は綺麗に洗ってます^^)
花山温泉浴槽
(出典:http://travel.rakuten.co.jp/

左手にあるのが「26℃の源泉そのままの湯」、右手が「加温している温泉」です。
加温は2種類、一つは40℃、もう1つはぬるま湯38℃。

ちなみに露天風呂は40℃です。
花山温泉・露天風呂
(出典:http://travel.rakuten.co.jp/

露天風呂が好きなんで普段温泉に行ったら露天で9割は時間を費やすのですが、この花山温泉だけは違いました。
なんと言っても魅力は「冷たい源泉温泉(26℃)」です!いわゆる「冷鉱泉」とまではギリギリいきませんが「低温泉」ですね。
源泉なので炭酸ガスの濃度が高いはず。
でも冷たいので最初入るのはしんどい。
それを解消するのが「温冷入浴法」です。
温泉の壁に入浴方法の説明が書いてありました。

大浴場(40℃の温泉)と源泉26℃を交互に入る方法で、めっちゃ気持ちいいです(^^♪
温まった体に冷泉がたまりません!
他の人達も冷たい源泉(26℃)の方が気持ちいいのか、明らかに長湯です。
僕は「40℃を5分」⇒「26℃を10分」くらいで何度も繰り返しました♪
結局1時間くらい入浴しましたが、まだまだ入れる勢いでした。
一人でこんなに長く温泉入ったことないです^^;

温泉濃度の濃さは浴槽を見れば一目瞭然です。
花山温泉の高濃度温泉
(出典:http://travel.rakuten.co.jp/
これを見てるだけでも身体が元気になりそうです♪

あまりの温泉成分濃いためすぐに結晶化してしまい、毎日営業終了後に清掃というより削ぎ落とす作業で大変だそうです。1週間に1日定休日(木曜)があるのは毎日の清掃だけでは結晶を落としきれないため、大掛かりな堆積物の剥離作業をしないといけないからだそうです!!う~ん、濃厚さは日本一なんじゃないの??

最後に体を流して出ましたが、お肌ツルツル、万年肩凝りも緩和されていました!
近くにあったら通いたいのに、残念です。
月極ロッカーがあったりしたので、ご近所の方に愛されているのでしょうね。いいなぁ~。


ちなみに、オフィシャルサイト(http://www.hanayamaonsen.com)に炭酸泉の効果の説明がありました。

▶炭酸泉効果
炭酸ガスは皮膚から吸収されやすい性質で、体内に炭酸ガスが多く取り入れられると体はより多くの酸素を取り入れようと血管を広げます。
すると血圧も下がり血行が良くなります。
潤い肌をつくるアストリンゼン効果(エステティックサロンでも注目の炭酸)でお肌を引き締めます。
疲労回復にも期待!プロスポーツ選手などハードなトレーニング後の疲労回復に炭酸泉を取り入れるほど注目されています。
もともと心身のリフレッシュ効果があり、血行促進によるあらゆる効果が期待されます。

なんとも素晴らしい効果です。
入浴後に読むと、さもありなん、と納得できます。
皆さんにも是非体験してもらいたいものです。

スポンサーリンク

▲ ページTOPへ

お風呂上り、ビールをクイっと飲みたいところですが車なのでNG。
気になったのは2つ。
一つは大浴場入口横にあった「黒酢リンゴ」(1杯100円)
黒酢リンゴ

もう一つが、受付横にあった「夏みかんジュ-ス」(1杯100円)
夏みかんジュース

夏なので「夏みかん」を選択。旨かったぁ~♪
夏みかんジュース

ちなみに館内は禁煙です。
喫煙室がちゃんとありました。
喫煙ルーム

喫煙室の奥が「花山の間」、いわゆる宿泊施設ゾーンです。
11:00~14:30までは休憩で使えるようです。

温泉があまりに気に入ったので、また来ることが決定!
食事にも力を入れてるようですし、次回の帰省では1泊宿泊で普段の疲れを癒してみよっかな♪

▼温泉と食事のお得なセットがあります!


*2017年10月5日 MBS毎日放送「ちちんぷいぷい」で紹介されました

▲ ページTOPへ

花山温泉 薬師の湯

住所:和歌山市鳴神574
TEL:073-471-3277

【日帰り温泉】
営業時間:8:00~23:00(最終受付22:30)
定休日:木曜日
入浴料金:
[8:00~17:00]大人1100円、小人550円
[17:00~23:00]大人850円、小人420円

天然温泉情報



▲ページTOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする