キリンビール神戸工場見学に行ってきました

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

工場見学が流行っているそうですね。
面白そうなのでどこか行ってみようと思っていると「ビールがただで飲める!」という話を聞いたのでキリンビール神戸工場キリンビアパーク神戸」に行ってみました。

事前予約をしましたが週末は特に人気があるようで、予約が埋まっている時間帯が結構ありました。
早めに予約する方がいいようです。
(予約はインターネットからできます。http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/kobe/

キリンビール神戸工場へは自動車で行った方が安くて早いのですが、飲酒運転になるので電車を利用しました。
住所は神戸市北区ですが、最寄り駅は三田駅。
宝塚からだとJRで5駅、普通電車で行っても17分とかなりの近場です。
ちなみに交通費は片道320円。

スポンサーリンク

三田駅からは送迎バスが走っています。
三田駅の南口を出て左側に「キリンビアパーク神戸・見学バスのりば」があります。
めんたいパーク」や「神戸三田メモリアルパーク」の送迎バス乗り場などもあるのですぐわかります。

送迎バス ラガーバス

ラガーバス後部
ハデなバスがお出迎えしてくれます。「ラガーバス」と言うそうです。
これが走ってるだけでもかなり宣伝になりますね。
発車時刻の10分程前に到着するので少し早目に行く方が確実に座れますよ。

↓ラガーバス時刻表
ラガーバス時刻表

▲ ページTOPへ

途中、神戸電鉄のフラワータウン駅を経由して工場(キリンビアパーク神戸)へ。
所要時間は20分くらいです。

バスに乗ると席の前の網カゴに『工場見学 受付表』があるので先に記入しておきます。
10:30に工場到着。
1階の受付で『工場見学 受付表』を渡していざ入場、2階へ。
受付で貰うもの

キリンビアパーク神戸エスカレーター

キリンビアパーク神戸2階

ショップもあります。もちろんキリンに関係する商品ばかりです。
なぜかTシャツや帽子もありました。
キリン工場ショップ

キリンTシャツ、帽子

スポンサーリンク

▲ ページTOPへ

この日はイベントが豊富。
「ラガーで乾杯! キリンヒストリー特別ツアー」や「ひょうごマルシェ」、「お客様500万人達成感謝イベント」がやってました。
「ひょうごマルシェ」は3月~11月までの毎月第4土曜日に定期開催しているそうです。
ひょうごマルシェ

「ラガーで乾杯! キリンヒストリー特別ツアー」は事前予約が必要で、予約しようと思ったのですがすでに満席で断念。
「昭和時代のノスタルジーに浸ろう」というコンセプトで、会場には「昭和の遊びコーナー」などもありました。
昭和の遊びコーナー

ラッキーだったのは「お客様500万人達成感謝イベント」。
8月25日(木)~9月4日(日)までの開催で、通常の工場見学では試飲できない「一番搾りフローズン<生>」の特別試飲ができました♪
一番搾りフローズン<生>試飲

この日は朝から曇りで、今年の暑さ爆発の8月としては涼しかったのでフローズン日和でなかったのが残念。
涼しいとただただ冷たいだけのビールになっちゃいますね^^;
おつまみがないなぁ~、と思ったら「昭和の遊びコーナー」で3つ遊ぶと「亀田の柿の種・チーズ味」が貰えるとのこと。
速攻で「射的」「魚釣り」「輪投げ」をクリアしてゲット!
亀田の柿の種・チーズ味
これがめっちゃ美味しい!!やるねチーズ味♪

ちなみに、柿の種だけでなく、キリン「生茶」か小岩井「純粋りんご」のどちらか1本もプレゼントで貰えます。
ドリンクもプレゼント

▲ ページTOPへ

12:10からの工場見学まで1時間も時間が余ったので、レストランで昼食をとりました。
「丘の上のビアレストラン」という素敵な名前のレストランで、『6種類の樽詰め生ビール』と『地域の食材を使った料理』『自家製の焼きたてパン』などが楽しめます♪
丘の上のビアレストラン

「丘の上のビアレストラン」の詳細についてはこちら

料理は旨いし、ビュッフェ形式のサラダやパンなどの食べ放題を満喫するには1時間では短すぎました^^;
今度はもっと時間に余裕を持って食べに来たいと思います♪

▲ ページTOPへ

昼食を満喫してたら工場見学の時間に。
1ツアー毎にツアーガイドさんが付いて案内してくれます。
「一番搾り うまさの秘密体感ツアー」ということで、『一番搾り』の説明に終始しました。
(写真撮影はOKですが、動画の撮影はNGです。)

最初にビールの原材料「淡色麦芽」と「ホップ」の説明。
工場見学ツアー1

淡色麦芽とホップ

麦芽を実際食べました。
香ばしくて美味しかったです。
淡色麦芽を食す

ホップも実際に手にすることができます。
フワフワでいい匂いです。
ホップ

▲ ページTOPへ

場所を移動して次は「一番搾り」と「二番絞り」の違いについて。
「一番搾り」と「二番絞り」の違いの説明

説明を聞いた後、実際に飲み比べさせてくれます。
「一番搾り」と「二番絞り」飲み比べ

「一番搾り」は「みたらし団子のたれ」みたいな甘みのある濃厚な味。
対して「二番絞り」は味そのものが薄く甘みもありません。
キリンの一番搾りは世界のビールメーカーで唯一「一番搾り」だけを使っているビールとのこと。(一番搾り製法って言うそうな。)

一番搾りだけ使うということは贅沢な製造方法で、その分使う麦の量も多くなります。(ラガービールの1.5倍!)
一番搾りは使う麦の量が1.5倍

なるほど、だから「一番搾り」は美味しいんですね(^^♪

▲ ページTOPへ

最後は製造ラインを見学するのですが、残念ながら土日は工場が休みのため動いているところは見れません。
土日は休業

「1分間に350ml缶で2000缶製造」国内ビールメーカー最速らしいですが、土日は見れません^^;
1分間に350ml缶で2000缶製造

製造ライン

製造ライン2

▲ ページTOPへ

見学はここまで。
最後はお楽しみの「試飲」です♪
試飲できるビールは、「一番搾り生ビール」「一番搾りSTOUT(スタウト)」「ハートランドビール」、そして神戸工場限定「一番搾り 神戸づくり」。
子供や飲めない人、ドライバー向けにノンアルコールビールやソフトドリンクもあります。
試飲できる飲み物

一番搾り 神戸づくり

試飲会場に入る前に、大好きな亀田の「柿の種・チーズ味」が貰えます♪
亀田の「柿の種・チーズ味」

スポンサーリンク

▲ ページTOPへ

しかし試飲会場、めっちゃ広いです!
さすが国内一流のビールメーカーさんです。
キリン神戸工場・試飲会場

キリンビール神戸工場・試飲会場

試飲は3杯までできますが、「一番搾りフローズン<生>」の試飲やレストランで2杯飲んだのでお腹が結構タプンタプン。
そして時間が20分と結構短い^^;
「一番搾り 神戸づくり」と「一番搾りSTOUT(スタウト)」の2杯だけ戴きました(^^♪
一番搾り 神戸づくり

一番搾りスタウト

帰る頃にはすっかりほろ酔い。
無料でこれだけ楽しめるなんて、スゴイ!
これはもはや大人のアミューズメントです!
子供も結構来てましたが、みんな楽しそうにしてました。
でもやっぱり大人の方が楽しいでしょうね^^;

関西には他にもサントリーの京都ビール工場やアサヒビール吹田工場も工場見学やってるそうです。
サントリー工場見学
アサヒビール工場見学
これは是非行ってみないとね。


▲ ページTOPへ

キリンビール 神戸工場

住所:〒651-1516 兵庫県神戸市北区赤松台2-1-1 ≫ アクセスMAP
TEL:078-986-8001

開催日:休館日・年末年始を除く全日
休館日:月曜日休館(祝日の場合は営業)、年末年始(※臨時休業等は営業日カレンダーを要確認)

【工場見学】
スタート時間:
9:30、10:00、10:40、11:00、11:30、
12:10、12:30、13:10、13:30、
14:10、14:30、15:00、15:40
(※団体(10名以上)の場合はその他の時間を用意するのでTELにて予約とのこと。)

所要時間:60分(見学40分・試飲20分)
人数:2~40名
参加費:無料

公式サイト

[PR]



▲ページTOPへ