温泉ソムリエ取得!温泉ソムエリ認定セミナーに参加してきました♪

シェアする

2019年3月24日、奈良県大和高田市で開催された『温泉ソムリエ認定セミナー』に出席。『温泉ソムリエ認定証』をいただき、晴れて“温泉ソムリエ”に!温泉ソムリエ講座とは?

スポンサーリンク

温泉ソムリエとは?

「温泉ソムリエ協会」が運営する民間資格。

温泉愛好家や芸能人や著名人などが取得していることで有名に。

「温泉ソムリエ」認定後に受講できる「ステップアップセミナー」で「温泉ソムリエマスター」などの上級資格の認定も受けられる。

温泉ソムリエ協会
本部:新潟県妙高市
温泉ソムリエ家元:遠間和広
≫≫ ホームページ

温泉ソムリエ認定セミナー

全国各地で行われる「温泉ソムリエ認定セミナー」。

受講すると「温泉ソムリエ」に認定されます。

温泉ソムリエ認定証

申し込み

温泉ソムリエのホームページにある【温泉ソムリエ認定セミナー&温泉ソムリエ認定ツアー要項】から参加したいセミナーをクリック。

≫≫ ホームページ

参加フォームから申し込むと、
件名:『【温泉ソムリエ認定講座】のお申込み受付い​たしました
というメールが届きます。

開催日・開催場所のほか、

受講料24,840円(税込、教材費・認定料込)』
振込口座

が記載されています。

振込期日は、「申し込みから2週間以内」と書いてあったので、早めに振込みました。

セミナー当日の内容

時間15分程前に会場に到着。

受付を済ませて、会場に入るとすでに結構な参加者が。

席は自由だったので、なるべく前の席へ。
3人掛けのテーブルにギュウギュウ詰め。狭かったです(^^;


席には「温泉ソムリエ テキスト」、「温泉ソムリエタオル」などが置いてありました。

温泉ソムリエ 温泉ソムエリ認定セミナー テキスト タオル

温泉で使ってみたい(?)タオル。「温泉ソムリエです!」って書いてます。ちょっと恥ずかしいな(^^;

温泉ソムエリ タオル

テキストがこちら。

温泉ソムリエ テキスト

テキストは2014年(平成26年)7月の「鉱泉分析法指針」の改訂にもちゃんと対応しており、改訂前との比較もあったりします。

300ページを超える大ボリューム!分厚いです(^^;

温泉ソムリエ テキスト


定刻どおり講義がスタート。
講師は、温泉ソムリエ家元・遠間和広さん。

かなり講義慣れしているようで、とにかくお話が上手。そして分かりやすい!

講義は「温泉ソムリエ テキスト」を使うのですが、300ページを超える大ボリューム。さすがに講義時間の4時間では時間が足りず、全部はとても説明できません。

でも大丈夫。要点をしっかりまとめつつ、順を追って説明してくれ、気付いたら温泉分析書のチェックの仕方や泉質名がどうつけられているのか、しっかりマスターできます!

講義の主な内容は次のとおり。

●温泉とは?
●温泉法の規定と療養泉の規定
●温泉の種類
●「美人の湯」とは
●温泉分析書の読み方
●泉質名のつき方
●正しい入浴法

その他にもいろんなお話を聞くことができます。

50分で10分間の休憩。

認定証の授与があるので、最後は15:45に講義終了。

オススメ温泉本

温泉ソムリエ家元がオススメしてくれた温泉関連の本がこちら。


▼石川理夫「温泉・法則」


▼石川理夫「温泉で、なぜ人は気持ちよくなるのか」



▼早坂信哉「たった1℃が体を変えるほんとうに健康になる入浴法」



温泉ソムリエ家元・遠間和広先生の本も読んでみたいです。

▼温泉ソムリエ家元・遠間和広「宿の主人が語る 究極の癒やし湯」

感想・まとめ

温泉好きな人にはとっても楽しい講義なので、あっという間に時間が経ってしまいます。

今までフワッとしていた「温泉分析書の見方」や「泉質と適応症」など、講義をまじめに聞くことで全てがはっきり理解できました。

知っているようで知らなかった情報など、得るべきものが多かった充実した内容でした。

テキストのほんの一部だけの説明でしたが、基本さえ知っておけば応用を学ぶことは独学でも十分できそうです。後は自分でどこまで知識を深めれるか。とりあえずテキストを全部読んでしまおうと、ただいま勉強中!内容盛りだくさんのこのテキスト、これが貰えるだけでも価値あり!です。

あとは、講義でオススメされた本、こちらも読んでみたいと思います。

講義でオススメされた本はこちら

もちろん座学だけでなく、もっといろんな温泉に入って適応症を実感していきたい!

まずは、自分が「尋常性乾癬」、嫁さんが「アトピー性皮膚炎」なので、適応症が認められている「硫黄泉」や「酸性泉」などを探して積極的に入浴していきたいと思います(^^♪

スポンサーリンク