宝塚バル2017・ガイドブック入手!今年はどこに行こうかな?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

今年も宝塚バルの時期が近づいてきました。公式ガイドブックも設置されていましたので早速入手してきました(^^♪

今年も去年同様、逆瀬川駅直結の商業施設「アピア逆瀬川」1号館の2階「総合案内所」に置いてあるのを戴いてきました。
宝塚バル公式ガイドブック設置場所「アピア逆瀬川」

スポンサーリンク

こちらが2017年宝塚バルの公式ガイドブックです。
2017年 宝塚バル公式ガイドブック

公式ガイドブック中に、ガイドブックの設置場所が載っていました。

公式ガイドブック設置場所
●バル参加店
●宝塚市役所 ●JR宝塚インフォメーションラック ●宝塚商工会議所 ●アピア逆瀬川インフォメーション ●シネ・ピピア ●エフエム宝塚
●尼崎信用金庫宝塚支店、逆瀬川支店、小林支店
●中央図書館 ●西公民館 ●東公民館 ●開催周辺コンビニエンスストア ●その他公共施設

ちなみに昨年の設置場所はこちら ≫ 2016年宝塚バル公式ガイドブック設置場所

今年もバルは3日に分かれて開催されます。開催する順番も同じで「逆瀬川・小林・仁川」⇒「清荒神・売布・中山」⇒「宝塚・宝塚南口」です。
昨年は「清荒神・売布」だけでしたが、今年は「中山」も加わりました。参加店も19店舗⇒22店舗と3店舗増えています^^

◆バル参加方法
宝塚バルの参加方法は単純明快!お店に行ってバルメニューを注文して料金を支払うだけ!

他の街バルなんかでよくある「チケット」などは購入する必要はありません。
バルメニューは去年は「500円」か「1000円」の2パターンでしたが、今年は「700円」メニューも追加!
「500円・700円・1000円」の3パターン構成となっています。

ただ、今年新設の「700円」メニューを採用しているお店は少なく、全103店舗中わずか6店舗だけでした^^;
他の街バルでは700円~800円の料金帯が多いのですが、宝塚バルはまだまだワンコイン500円メニューが多いのも魅力的ですね(^^♪

【内訳】
1000円メニュー:15店舗
700円メニュー:6店舗
500円メニュー:82店舗
スポンサーリンク

去年は全エリア参加しようと思ったのですが「清荒神・売布」エリアだけは「箕面ビール感謝祭」を優先してしまったので参加できず。
今年こそ全エリア参加しようと思ったのです、「逆瀬川・小林・仁川」エリアの開催日が大阪「福島バル」と重なっており、そちらに誘われているので残念ながら参加できません。

ということで残り2エリア「清荒神・売布・中山」「宝塚・宝塚南口」に参加したいと思います!

どこに行くかは、まだ検討中!昨年行けてないお店を中心に行ってみようと考えていますが、美味しかったお店はまた行っちゃうかも♪

「宝塚南口」の有名店でミシュランガイドにも掲載がある「天麩羅家 食心 悠」が今年は参加していないのがちょっと寂しいですね。
昨年の宝塚バルで実際に巡ったお店はこちらです。ご参考まで。(今年不参加のお店もあるのであまり参考にならないかもしれませんが^^;)

宝塚バル【逆瀬川・小林・仁川】行ってきました(前編)
宝塚バル【逆瀬川・小林・仁川】行ってきました(後編)
宝塚バル【宝塚・宝塚南口】行ってきました(前編)
宝塚バル【宝塚・宝塚南口】行ってきました(後編)

スポンサーリンク

宝塚バル2017

開催日:
【逆瀬川・小林・仁川】2017年6月3日(土)
【清荒神・売布(めふ)・中山】2017年6月10日(土)
【宝塚・宝塚南口】2017年6月17日(土)

参加店舗:
【逆瀬川・小林・仁川】51店舗
【清荒神・売布・中山】22店舗
【宝塚・宝塚南口】30店舗

お問合せ:宝塚バル事務局(専用)TEL 080-9306-2523

関西街バル カレンダー
2017春 関西街バル


◆追記(2017.5.25)
宝塚バルの公式ホームページがオープンしたようです。
http://takarazuka-bar.o.oo7.jp
親しみやすいホームページでとっても見やすいですね♪



▲ページTOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする