自家製醸造クラフトビールが飲める『テタールヴァレ』行ってきました♪

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

クラフトビールを提供するお店はかなり増えましたが、お店で醸造した自家製クラフトビールが飲めるお店『ブリューパブ テタールヴァレ』があるという話を聞いて興味津々。谷町2丁目交差点付近ということでちょっと遠かったのですが行ってきました!

お洒落な外観。“ビール&肉ビストロ”“コーヒー&スイーツ”の看板が目立ちます。ビジネス街っぽく、ビールだけじゃなくて喫茶利用のコーヒーも扱っているようですね。
ブリューパブ テタールヴァレ 外観

スポンサーリンク

ちょうど貸切営業の後だったので店内はガラガラ。普段の混み具合はわかりませんが、貸切営業明けは狙い目です(笑)

▼ ネットで予約できます!
≫≫ ブリューパブテタールヴァレを予約する(お得なクーポンあり)
ブリューパブ テタールヴァレ店内

店内の奥にお店自慢の「ビール工場(ブルワリー)」がありました!中を見てみたくて店員さんにお願いすると工場内を見学させてもらえました。
テタールヴァレ自家製クラフトビール工場
ブルワリーと言えば、大山Gビール「ビア ホフ ガンバリウス」や伊丹の「白雪ブルワリービレッジ 長寿蔵」のような大きな醸造所をイメージしていたのですが、ここは本当に小さなビール醸造所で1回の仕込みで200リットルしか作れないそうです。オープン当初は週に1回くらいの仕込みで大丈夫だったそうですが、人気が出たので今では仕込みの回数も増えたそうです。

▲ページTOPへ

自社醸造クラフトビールのラインナップは
「白」:小麦麦芽を使ったフルーティーな香りの少しにごりのあるビール
「黒」:ロースト麦芽を使った、コーヒーのような香ばしい味わいのビール
「琥珀」:大麦麦芽のカラメルのような香りとコクのあるビール
の3種類。
なぜか大手ビール「レーベンブロイ」も置いてありましたが、もちろんオリジナルクラフトビールを注文。
自社醸造クラフトビール
サイズは
「グラス」:200cc 350円
「ジョッキ」:350cc 500円
「UKパイント」:560cc 700円
の3種類がありました。

毎回仕込むビールが違うのか、どういったビールなのか、ちゃんと説明が書いてありました。
ビール説明

白 マリスクロス(Maris×Cross)
Alc:5.0% IBU:50 仕込日:5月17日 ポップ:サザンクロス
記念すべき50回目の仕込み。50にちなんだレシピ設計で過去最高IBU50です。
盛るとは英国産最高級モルトのマリスオッター。ホップはサザンクロスのシングルホップ。

黒 ロブストポーター(Robust Porter)
Alc:5.8% IBU:37 仕込日:2月23日 醸造担当者:松尾弘寿 ホップ:スティリアンゴールディングス・クリスタル・サザンクロス
イギリス発祥のロブストポーター。通常のポーターよりモルトを多く使って甘みのあるボディ感を強く、アルコールも高めに仕上げました。

琥珀 スモーキンビリー(code name:X1)
Alc:5.0% IBU:20 仕込日:5月4日 醸造担当者:松尾弘寿 ホップ:スティリアンゴールディングス・ハラタウブラン
卒業スタッフのために作った限定ビール。燻製麦芽を6割以上使って、スモーキーなキャラクターにしました。麦芽由来の香ばしさと酸味が中和。ドイツのラオホスタイルと違って、エール酵母で仕込みました。

※IBUとは「苦味」のこと。基本的には高いほど苦い。

説明が専門的なので、よほど詳しい人でないと読んでもイメージできないでしょうね^^;

とりあえず3種類全部飲んでみたいので缶ビールサイズの「ジョッキ」でオーダー。左から、「琥珀」「白」「黒」ビール。
ブリューパブ テタールヴァレ オリジナルクラフトビール

普段あまり黒ビールは好んで飲まないのですが、ここのは飲みやすく美味しかったです!
白ビールはベルギービール「ヒューガルデン」のような感じをイメージしていたのですが、苦みが結構強くどちらかといえばラガー寄りかな?
琥珀ビールが一番好き!スモーキーな黒ビールはよく飲みますが、スモーキーな琥珀ビールでバランスも良く美味しかったです(^^♪

スポンサーリンク

▲ページTOPへ

さて、ビールのおつまみ選び。

一番人気は「塊肉ロースト」だということで、まずはそちらを注文。

毎日19:30頃「塊肉」が焼き上がるそうで、50g単位で量が選べるのが特徴。

2人なら150g(1350円)くらいがオススメだそうですが、1軒目で少し食事を食べてきていたので100gをオーダー。
100gでも結構なボリューム!「マスタード」と「西洋わさび」がお肉によく合います♪♪ 特に西洋わさび、これ美味しいです(^^♪
お肉はアンガス牛を使用しているそうで、じっくり焼いているからかめっちゃ柔らかくて美味しかったです(^^♪

塊肉ロースト
塊肉ロースト

▲ページTOPへ

ちょっと寂しいので、他にアラカルトから2品注文。(アラカルトはAll「450円」)
あっさりモルトビネガーとビールで漬けたという「自家製ピクルス」。
ビールでマリネした鶏肉を低温調理し、しっとり仕上げたという「ビール蒸し鶏」。

自家製ピクルス
自家製ピクルス

ビール蒸し鶏
ビール蒸し鶏
付け合わせの野菜は「パクチー」。蒸し鶏とパクチーって合いますね(^^♪ パクチー好きにはたまりませんよ♪♪

他にもパテやトリッパ煮込み、生ハム、チーズ各種、などビールに合いそうな気になるオツマミがたくさんありました。

自社醸造のクラフトビールなのでクラフトビールの種類が少ないのは仕方ないですが、いろんな種類のクラフトビールが飲みたい人にはちょっと物足りないかもしれません。長居するのではなく、サクッと飲んで、次!って使い方の方がいいかもしれませんね♪

予約はこちら
スポンサーリンク

ブリューパブ テタールヴァレ(BREWPUB TÊTARD VALLÉE)
【住所】大阪府大阪市中央区大手通1-1-2 アトランティス21-1F ≫ アクセスMAP
【TEL】06-6809-5229(予約可)
【営業時間】
(ランチ)11:00~14:00
(カフェ)14:00~17:00
(ディナー)17:00~23:00
【定休日】日曜日
【席数】45席(カウンター12席、シェアテーブル19席、テーブル14席)
【タバコ】喫煙可(ランチタイム11~13時のみ全席禁煙)
【カード】可

お店の詳細 ≫≫ こちら

予約はこちら
『ブリューパブ(Brewpub)』とは?
「ブリュー」とは「Brewing」で、醸造・ビール醸造所(ブルワリー)の意味。「パブ(Pub)」とは、酒場。
ブリューパブは、自社ビール醸造所で醸造したビールを提供する酒場(ビアダイニング)を指します。



▲ページTOPへ