神戸みなと温泉「蓮」(れん)に宿泊

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

話題の都市型リゾート「神戸みなと温泉-蓮」。
オープン日に日帰り温泉を堪能したのですが、今度は宿泊で利用してみました。
(宿泊日:2016年1月17日(日)~1月18日(月))
天気はあいにくどんより曇り空で、夜には雨も降りましたが、館内から出ることがないのでまぁあまり関係なく^^;
一番のお目当ては、夕食の「ライブ割烹」。
さて、どんな感じなのか?

今回は、宿泊の様子を時系列でまとめてみました。

14:20 家から出発。車でホテルへ

宿のチェックインは15:00からなので、少し余裕をもって大阪市福島区の自宅を出発。
前回は電車でしたが、今回は荷物が多いので自動車を使いました。

海老江ICから阪神高速3号神戸線へ乗り、京橋ICへ向かいます。
心配した生田川での渋滞もなく、スムーズに京橋出口へ。
京橋南詰交差点を左折したら、その先に神戸みなと温泉「蓮」。(神戸新港の第一突堤)

▲ ページTOPへ

15:00 神戸みなと温泉「蓮」着

ほぼ予定通りに宿へ到着。
荷物を降ろし、駐車場に車を回します。
駐車場は第1と第2がありますが、宿泊受付からは第1の方が近いようなのでそちらへ。
だだっ広い駐車場です。
蓮の第1駐車場
これ、「満」になることあるのかな?

ちなみに駐車場の利用料金は、
・日帰り 7時間無料
・宿泊 1泊1,000円
駐車券を持って、受付で提示すると精算できます。
駐車場利用料金

枯山水の庭園
駐車場から宿泊棟の入口に行くまでに、和の定番「枯山水」のお庭が楽しめます。

▲ ページTOPへ

15:03 受付終了

受付は同時に4組まで対応できます。
ホテル受付
自分を含め、チェックイン時間と同時に来るお客さんが多いのでこれは助かります。
それ程待つことなくチェックインできました。
日帰り温泉は中学生未満NGでしたが、宿泊は小学生未満NGとのこと。
確かに子供が全くいない。
っていうか年齢層が高い^^;

チェックイン時に1人1個リストバンドキーが渡されます。
部屋の入退室や宿泊専用ゾーンへ入る際、レストランのドリンクなど、全てこのリストバンドキーを使います。
リストバンドキー

エントランスホール、豪華です(^^♪
エントランスホール

エントランスホール2

お土産も1階にあります。
お土産コーナー

▲ ページTOPへ

15:05 客室

今回の宿泊した部屋は「シーサイドデラックス」。ランクは一番下です。

「シーサイドデラックス」ルームの詳しい情報はこちら

その上のランクには、「ハーバースイート」と「オーシャンスイート」があります。
どちらも展望半露天温泉付の特別室となり、オーシャンスイートは最上階で2室のみだそうです。

案内された部屋は5階。
シーサイドデラックス
シーサイドデラックスのベッドルーム
シーサイドデラックスでも十分な広さの部屋です。
まだまだ真新しい部屋で快適です。
コンセントも多いので、携帯やスマホ、ノートパソコンなどの充電する場所にも困りませんでした。

部屋の向きは、残念ながらオリエンタルホテル側ではなかったので窓からの景色はもう一つでした。
ネットで予約せずに電話で予約したら指定できたのかな?
ベランダからの眺め

夜の眺め

ちなみに室内は禁煙。
喫煙する場合はベランダ(灰皿あり)となりますが、冬は浜風が厳しいので辛いです(/_;)
ベランダに灰皿があります

少し部屋でゆっくりしてから、食事まで温泉や岩盤浴を楽しむことに。

▲ ページTOPへ

15:30 オーシャンズスパ

まず最初に向かったのが1階にあるフィットネスジム併設のプールです。

屋内プールは「フィットネスプール」。
温水となっており、水温は30℃で長さは20m。
ウォーキングレーンとスイムレーンの2レーンのみ。

屋外プールはなんと「温泉」。
水温は34℃で長さは30mもあります。
ジェットスパやマッサージベッドなどもあり楽しめます。
夏場はプールサイドバーもオープンするそうで、南国リゾートっぽいですね♪
プールサイドバー
イメージはこんな感じです。

こちら、日帰り温泉でも利用できますが、有料(1,000円)。
宿泊の場合は無料で利用できます。
(夏期は宿泊利用2,000円、日帰り利用4,000円らしいです。)
ちなみに水着は有料ですがレンタル(200円)できます。
キャップとゴーグルは無料で貸してくれますよ。

プールは撮影NGということで、残念ながら写真は撮れませんでしたのでHPから拝借。
オーシャンズスパ
こちらは室内フィットネスプール。
オーシャンズスパ(室内)
(画像出典:一休.com
この日はかなり寒いこともあってか、僕たち以外に泳いでる人はおらず完全貸切状態。
ビュービュー風が吹く中で泳ぐ姿は、温泉だと知らない人が見たら異常な光景だったと思います^^;
予想以上に楽しかったので、随分長居しちゃいました。
温水じゃなく、ちゃんと温泉なので泳ぎ終わったらお肌すべすべ。
なんとも不思議な感じです。

せっかく宿泊するなら是非ご利用してみてください(^^)/
ちなみに宿泊者はフィットジムの施設も利用できますが、こちらは有料(1,000円)。

スポンサーリンク

▲ ページTOPへ

16:30 岩盤浴

プールで遊んだあとは、日頃の疲れを癒すため岩盤浴「八蓮花」へ。
先月はかなり空いてたのですが、この日は結構利用する人がおり若干混んでいました。

ここの岩盤浴は石の種類が8種類あります。(≫詳細はこちら
前回は「墨」と「瑠璃」でしたが、今回は「桧皮」と「橙」というスペースでゆったり。
岩盤浴・溶岩浴中央広場
石によって熱伝導率が違うのか、「桧皮」は湿度は高いのですがあまり汗が出ませんでした。

夕食の前半組が17:30から食事とあってか、17:00を過ぎるた頃から人が急にいなくなりました。
夕方に利用するなら17:00を過ぎた頃がお客が少なく空いててオススメです。

▲ ページTOPへ

18:15 宿泊限定、展望大浴場

岩盤浴で癒され、汗をかいた後は温泉でさっぱりしたいですよね♪
せっかくの宿泊なので、まずは宿泊利用者しか入れない10階の展望大浴場に行ってみました。

岩盤浴も空いていたことだし、時間的に空いてるのでは?という予想は大的中!
誰もいないので、写真撮ってみました(^^♪

10階大浴場・内風呂
まずは内風呂。ただのお風呂です。

10階展望露天風呂
展望露天風呂は2つあり、1つがこちらのジャグジー。
ブクブクは時間で設定されているそうです。
こちらもただのお湯です。

しかしこのジャグジー、勢いが凄すぎるのは気のせいでしょうか^^;

10階展望露天風呂・温泉
これこそ展望!
もう一つの展望露天風呂で、海が望めます。
今流行りのインフィニティっぽいお風呂で、こちらは天然温泉です(^^♪

天然温泉以外、ちょっと塩素が強過ぎて匂いが塩素臭が体にめっちゃ付きました。
塩素が気になる方は、温泉のみ利用された方が良いですよ^^;

▲ ページTOPへ

18:45 10階展望BAR REN KOBE

展望露天風呂を出たら目の前にあるのが展望バー「REN KOBE」。
10階展望BAR REN KOBE「ハッピーアワー」
開業記念で、「1杯注文すると、同じ飲み物に限りますが2杯目は無料で飲めるという」ハッピーアワーを開催していました。(17:00~21:00)
せっかくなので夕食前に1杯(あっ、2杯か)飲んでいくことに。

神戸の夜景を満喫できるいい雰囲気のバーです。
オリジナルカクテルを戴きました。
10階展望BAR REN KOBEのオリジナルカクテル
嫁さんと二人でしっとりバーで飲むのなんてこの歳になると旅行の時くらいなもんです。
まさか近所の神戸でこういう時間を過ごせるとは。
こういうのも、いいもんですね(^^♪

▲ ページTOPへ

19:40 ライブ割烹「万蓮」

待ちわびていた食事の時間。
夕食は御食事処・ライブ割烹「万蓮」のビュッフェです。

夕食ビュッフェの詳しい情報はこちら

御食事処ライブ割烹 「万蓮」

御食事処 ライブ割烹 「万蓮」のテーブル席
入った瞬間、テンション上がります♪

料理の種類が多いだけでなく、料理人が目の前で調理してくれるので出来立てを戴けるのが良いですね!
刺身・寿司・焼魚・湯豆腐・天ぷら・ローストビーフ・鉄板焼き・etc・・・
少しずつ食べないと全部食べるの大変です^^;

お薦めは、神戸牛の「すき焼き」とボイル「ずわい蟹」とローストビーフ。
神戸牛すき焼き

ズワイガニ

ローストビーフ
これらは原価高いだろうし、いわゆる「元を取る」ならこの3品かな(笑)

▲ ページTOPへ

ケーキにアイス、わらび餅などデザートも大変豊富。
デザート
デザートの分も考えて食べないといけないので、何をどれだけ食べるのかがホント難しいです^^;

1回目はこれくらいに抑えてみました^^;
ビュッフェ1回目
まずは「和食」を中心に、カニたっぷりで(笑)

ちなみにビールなどアルコールは有料です。
アルコールコーナー
「お席で頼んでくださればお持ちします。」とのことですが、スタッフがなかなか捕まらないので、ほぼ自分でアルコールコーナーに頼みに行きました^^;
店員さんを呼ぶブザーみたいなのあればいいんですけどねぇ~。

2回目からは天ぷらや鉄板焼きなどガッツリ系を少しずつ。
鉄板焼き「豚のソテー」
最後は炭水化物祭り。
「炊き込みごはん」に「チキンカレー」。
そしてデザートに「カシスのムース」と「わらび餅」に「吉野の葛きり」。

こんなにいろんな種類食べることって普段ないから新鮮で楽しめました♪
ビュッフェならではですね(^^♪

今回の料理は2月いっぱいまで。
3月からは違う春っぽいメニューになるそうです。楽しみですね♪
ズワイガニが無くなるのはちょっと残念ですが^^;

21:30ラストオーダー、21:40閉店。
食事の後に、御食事処「水蓮」「リラクゼーションラウンジ『空と海』」で使えるワンドリンク無料券を戴きました。



21:45 部屋

食事が終わり部屋へ。
お腹いっぱいで苦しいので、畳でゴロゴロ。
身体が冷えてきたので、寝る前にもう一度軽く温泉に入ることに。

▲ ページTOPへ

22:30 1階大浴場

日帰り温泉の利用客もほとんどいないし、宿泊客も年配の方が多いからかこの時間はほとんど利用されていないようでガラガラでした。

まずは、月替わりのお風呂「暦風呂」は「松湯」。
知らなかったのですが「縁起物」らしいです。
結構促進や神経痛にも効果があるとのこと。
松脂のせいか、体に少し油膜ができたようで保温効果もあるような。汗が止まりません。

体が温まったので露天風呂の「源泉かけ流し湯」へ。
ここは天然温泉。
実は天然温泉は「源泉かけ流し湯」と内湯の「神戸みなと温泉」だけです。
残りのお風呂はお湯ですので、温泉好きの方はご注意を(^^)/

最後に「流水式アロマナノミストサウナ」へ。
流水式アロマナノミストサウナ
(画像:「神戸みなと温泉 蓮」公式サイト
背中から流れるお湯が気持ちいい。
足元は足湯で、アロマの香りに癒されます。

▲ ページTOPへ

23:00 3階リラクゼーションラウンジ「空と海」

お風呂上りに3階ラウンジへ。
戴いたワンドリンク無料券で僕は「ビワミンウォーター」、嫁さんは「カムカムソーダ」をオーダー。
左「カムカムソーダ」、右「ビワミンウォーター」
左が「カムカムソーダ」、右が「ビワミンウォーター」。

ビワミンウォーターの方がスッキリしていてお風呂上りに最高でした(^^♪
カムカムソーダの方が少し甘みが強いです。

▲ ページTOPへ

23:30 部屋

再び部屋へ。
旅館の部屋って感じで中にいると神戸ということを忘れて、どこか遠くに旅行に来た気分。
たまにはこんな休日の過ごし方もいいですね♪

そして就寝。
大寒波の接近で外がかなり寒いということで暖房をつけたまま寝たのですが、布団が暖かすぎてすんごい寝汗^^;
あまりに暑いので途中で起きて暖房をオフに。
調整が難しいですね。

7:30 起床

ぐっすり寝たので気持ちの良い目覚め♪
朝食は7:00から開いていますが、まずはお風呂。
のんびり用意をして1階の大浴場へ。

▲ ページTOPへ

8:00 1階大浴場

みんな朝食会場なのでしょうか?
だーれもいない、貸切状態でした(^^♪

せっかくなので写真を撮らせて頂きました。
足湯回廊
足湯回廊

寝湯と棚湯
寝湯と棚湯

源泉かけ流し湯
源泉かけ流し湯

壺湯
壺湯

内湯も撮ろうと思ったら他のお客さんが1人入ってきたので撮影中止、残念でした^^;

▲ ページTOPへ

9:00 朝食

夕食と同じく3階お食事処・ライブ割烹「万蓮」が朝食会場です。
そして夕食と同じくバイキング。

朝食ビュッフェの詳しい情報はこちら

年齢層が高いためか和食が多いように思いましたが、注目はパン。
系列の「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」直営のスイーツ&ベーカリーショップ「LE PAN(ル・パン)」のパンが戴けます。
ラ・スイートに泊まった時にも食べましたが、これ美味しい♪
LE PAN(ル・パン)のパン

LE PAN(ル・パン)のパン2

バター、オリーブオイル、ジャム
バターにエキストラバージンオリーブオイル、ジャムが用意されています。

朝食1巡目
パンをメインにまずはこんな感じで。

2巡目は和食に。
料理人さんに勧められた「鰯一夜干し」が絶品でした(^^♪
鰯一夜干し

夕食はあんなにスイーツがあったのに、朝食はフルーツポンチとみかんだけ。
う~ん、もっとスイーツやフルーツが欲しかったかな。。。

▲ ページTOPへ

11:00 チェックアウト

チェックアウトは11時。
11時だと混み合うかもしれないので事前に精算を済ますことができますよ、と教えていただいたのですが時間通りに1階受付へ。
皆さん早い出発なのか空いており、待ち時間なしで精算できました。

演出や接客が良く、オペレーションも悪くない。
細かいことは多少ありますが、全体的には非常に満足度が高かったです。
そして何より近いのが魅力。
アクセスがいいので、疲れた時にちょっと1泊してリフレッシュ、なんて使い方は最高ですね(^^♪
是非また利用したいと思います♪♪

スポンサーリンク

▲ ページTOPへ


神戸みなと温泉 蓮(れん)

住所:兵庫県神戸市中央区新港町1-1
電話番号:078-381-7000

【アクセス】
<電車>
各線「三宮駅」からタクシーで約8分、徒歩約20分
JR線「元町駅」からタクシーで約7分、徒歩約15分
JR線「新神戸駅」からタクシーで約15分
※無料専用シャトルバスあり
ラウンドワン三宮駅前店前~「神戸みなと温泉 蓮」まで循環運転
<三宮発>
平日:9:45~10:45
土・日・祝:8:30~10:45
<当館発>
平日:10:05~23:05
土・日・祝:8:50~23:35

送迎バス 乗降場所・時刻表について ≫ こちら
送迎バス乗り場(ラウンドワン三ノ宮駅前店)は ≫ こちら

<車>
阪神高速3号神戸線「京橋出入口」からお車で約2分
ハーバーハイウェイ「新港出口」からお車で約2分

【駐車場】
駐車場料金
・日帰り温泉利用:7時間まで無料
・追加延長料金:30分300円
駐車場スペース:制限なし
駐車場台数:280台 屋外

【地図・アクセスマップ】

●「神戸みなと温泉 蓮」公式サイト



▲ページTOPへ