大山の人気ゴルフ場「大山アークカントリークラブ」と「大山ゴルフクラブ」を比較

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

鳥取旅行の初日「大山アークカントリークラブ」に行ってきました。
ちょっと前には、大山の近くにある人気の名門ゴルフ場「大山ゴルフクラブ」にも行ったので、大山ゴルフクラブとの比較を交えながらご紹介したいと思います。

【立地・場所】

どちらも大山の近くですが、大山アークCCは米子自動車道を挟んで大山の西。

大山ゴルフクラブは米子自動車道の東で、かなり大山に近いです。
より大山(伯耆富士)を感じてプレーしたい人は大山ゴルフクラブの方がいいでしょうね。

大山マップ

【クラブハウス】

大山アークCCのクラブハウスは少し古い感じがしますが思っていたより立派なクラブハウスです。
天井が高く開放感があります。

▼大山アークCCクラブハウス
大山アークCCクラブハウス外観

大山アークCCクラブハウス館内

▲ ページTOPへ

大山アークCCに対して大山ゴルフクラブのクラブハウスは外観は大したことないのですが、内装はリニューアルしており、かなりお洒落でリゾート感があります。
シックで落ち着いた感じで個人的には大山GCの方が好きです。

▼大山ゴルフクラブのウラブハウス
大山ゴルフクラブ外観

大山ゴルフクラブ館内

大山GCロッカールーム

▲ ページTOPへ

【ショップ】

大山アークCCはPGMが運営しているだけあって、ショップの充実はさすがです。
対して大山ゴルフクラブのショップは品数は少なく最低限と言った感じです。
大山GCに行く際は忘れ物がないようにしましょう。

▼大山アークCCのショップ
大山アークCCのショップ

▼大山GCのショップ
大山GCのショップ

▲ ページTOPへ

【練習場】

大山アークCCはなんと言ってもアプローチ練習場が群を抜いて良いです。
ドライビングレンジも広くてまずまず良いのですが、足場のマットが八角形でドライバーやウッド系の練習をする際、足がはみ出しそうでやり難いです。

▼大山アークCCのドライビングレンジ練習場
大山アークCCドライビングレンジ練習場

▼大山アークCCのアプローチ練習場
大山アークCCのアプローチ練習場

▲ ページTOPへ

大山ゴルフクラブはアプローチ練習場がありません。
ドライビングレンジは大山アークCCより少し狭いですが、大山が左前方に見えるので景色は抜群です。

▼大山GCのドライビングレンジ練習場
大山GCのドライビングレンジ練習場

▲ ページTOPへ

【カート】

大山アークCCのカートは手動運転です。
キャディー付きなら問題ないですが、セルフプレーだと誰かがカートを前進させないといけないので面倒です。

▼大山アークCCのカート
大山アークCCのカート

▲ ページTOPへ

大山ゴルフクラブはリモコンで操作できる自動運転カート。
しかもGPSナビ搭載ですのでコースレイアウトや残り距離が分かるのでセルフプレーにはとっても便利♪
しかも親切にも「虫よけスプレー」が置いてありました。サービスいいですね♪

▼大山GCのGPSナビ搭載カート
大山GCのGPSナビ搭載カート

GPSナビ搭載カート

虫よけスプレー

▲ ページTOPへ

【レストラン/ランチ】

大山アークCCはPGMが運営するゴルフ場なのでPGM定番のメニューが食べられます。
レストランはよくあるゴルフ場のレストランと言った感じで特に特徴はありません。

▼大山アークCCのレストラン
大山アークCCのレストラン

有頭エビフライと夏野菜のカレー

▲ ページTOPへ

大山ゴルフクラブのレストランは凄いお洒落!
リゾート感に溢れ、ランチも力が入っています。めっちゃ旨いです♪

▼大山ゴルフクラブのレストラン
大山GCレストラン

テラス席でビール、最高です♪真夏は無理かも^^;
大山GCレストラン・テラス席

大山GCテールスープセット

▲ ページTOPへ

【コース】

(大山アークCC)
全コースでピンが視認できるコース設計で基本フラットでワイドなコースです。
グリーン面積が平均850㎡で最大は1200㎡もあるそうです。
ティグランドに立ったイメージは、「北海道にありそう」なコース。
白ティでも距離が結構あります。
OBは無いのかな?と思ったら左右どちらもor左右どちらかがOBなので、ティショットは距離だけでなく精度も求められます。
それでも広いので結構ブンブン振り回すことができますよ♪
・4番ホール
大山アークCC4番ホール
・13番ホール
大山アークCC13番ホール

9番ホールと18番ホールはグリーン手前に池があるミドルホールで最後まで気が抜けない設計となっています。
・9番ホール
大山アークCC9番ホール
・18番ホール
大山アークCC18番ホール

3番・12番ホールは大山に向かって、6番・7番ホールは右に大山を眺めながらプレーできるそうですが、残念ながら僕がラウンドした日は曇っていて大山の全貌を見ることができませんでした^^;
・3番ホール(曇りバージョン)
大山アークCC3番ホール
・12番ホール(雲がかかっているが少し大山が見えました^^;)
大山アークCC12番ホール

▲ ページTOPへ

(大山ゴルフクラブ)
東の井上誠一、西の上田治と呼ばれる日本を代表する名匠の一人・上田治氏が設計したコースで、大山の裾野の「桝水原」という高原を切り開いて可能な限り自然を生かした名コース。
2013年度ベスト100コースにも選出されたことがある山陰を代表するコースです。
基本左右OBですが、樹齢100年の赤松や黒松でコースがセパレートされており、多少左右に曲げても林に助けられてOBは回避、なんてことが多いです。
ただ、松林の中に入ると足場は滑るし、狙うコースはかなり狭くなるので出すだけで精一杯になります。
自然を生かしてのコース設計だけに、アップダウンがあったり、フラットなホールがあったりとホールによって様々。
バンカーはやや深くアゴが高いですが、上田治設計の割には易しいです。
砲台グリーンも少なく、ほとんどのホールでグリーン面が見えます。
・10番グリーン周り
大山GC10番ホール

そして何より景色がいい!
アウトコースは5番グリーン付近、インコースは15番のティグランド、18番ホール。
ティグランドからグリーンまで晴れていれば雄大な伯耆富士「大山」を眺めながらプレーすることができます。
・5番ホール
大山GC5番ホール

・15番ホール
大山GC15番ホール

・18番ホール
大山GC18番ホール

大山だけでなく、アウトの6番と9番ホールでは晴れていればティグランドから日本海を望むこともできます。
・6番ホール
大山ゴルフクラブ6番ホール

・9番ホール
大山ゴルフクラブ9番ホール

▲ ページTOPへ

【スタッフの対応・メンテナンス】

大山アークCCはあまりスタッフと接することがなかったですが、それ程悪い印象は全くなかったです。
大山ゴルフクラブのスタッフの対応も良く、どちらのゴルフ場もスタッフで嫌な思いはしませんでした。

コースや設備のメンテナンスに関してもどちらもしっかりされており気持ちよくラウンドできます。

【総括】

リゾート感を感じながらゴルフ旅行を楽しみたい!という方には「大山ゴルフクラブ」がお薦め!
しっかり練習して好スコアを出したい、という方には「大山アークカントリークラブ」がいいかも。
どちらも素晴らしいゴルフ場ですので、できれば1泊2日で2ラウンド(大山アーク⇒大山GC)がお薦めです♪

▲ ページTOPへ


大山アークカントリークラブ
住所:〒689-4246 鳥取県西伯郡伯耆町三部771-1
TEL:0859-63-0555
開場日:平成03年10月01日
休場日:全日営業

コース設計者:(株)日建設計
グリーン芝:ベント
コースレート:72.8

練習場:あり
・打席数:20
・ドライバー利用:可
・アプローチ練習場:あり
・バンカー練習場:あり

その他:敷地内ホテルあり

【ゴルフ場予約】

GDOで予約する
楽天GORAで予約する
じゃらんゴルフで予約する

▼大山アークカントリークラブMAP


大山ゴルフクラブ
住所:〒689-4101 鳥取県西伯郡伯耆町小林6
TEL:0859-52-2021
開場日:昭和45年04月18日
休場日:無休(12月中旬から3月中旬まで降雪期クローズ)

コース設計者:上田 治
グリーン芝:ベント(ツーグリーン)
コースレート:73.6

練習場:あり
・打席数:14
・ドライバー利用:可
・アプローチ練習場:なし
・バンカー練習場:あり

その他:敷地内ホテルあり

【ゴルフ場予約】

GDOで予約する
楽天GORAで予約する
じゃらんゴルフで予約する

▼大山ゴルフクラブMAP



▲ページTOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする