旧国鉄・JR福知山線廃線敷、武田尾ハイキングコース(生瀬駅スタート)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2016年5月16日から約6ヶ月間もの間、JR西日本が行わってきた武田尾『(国鉄)JR福知山線廃線敷』の安全対策工事が無事完了。
リニューアル?オープンして11月15日から一般公開しました。
秋の紅葉シーズンに合わしたかのようなオープン、紅葉狩りも兼ねて早速「廃線敷ハイキング」に行ってきました!

JR福知山廃線敷・武田尾ハイキングコース

前回行った時のルートは、「JR宝塚駅⇒JR武田尾駅⇒廃線敷ハイキングコース⇒JR生瀬駅」のコースを歩きました。

今回は前回とは逆ルート、JR生瀬駅スタート⇒JR武田尾駅ゴール、のルートをハイキングしてきました。

今回は、
工事の前と後で、どのように変わったか?
を中心にレポートしたいと思います。


今回は動画も少し撮ってみました。


それでは本編スタートです。

■スタート・JR福知山線「生瀬駅

2016年11月20日(日)08:30頃、生瀬駅に到着しました。
結構早く着いたつもりでしたが、結構な数の人が生瀬駅で降りました。廃線敷跡のニュースをテレビで観たのかな?

生瀬駅プラットホーム

生瀬駅から出発する場合、途中にトイレがないので駅で済ませておきましょう。
(トイレはJR武田尾駅の近くまで行かないとありません。今回の工事でトイレ設置工事もするのかと思いきや、トイレは全然増えてませんでした。)

飲み物やお弁当を購入するなら、生瀬駅前のコンビニ?「co-op mini(コープ・ミニ)」しかありません。お酒も売ってます。
ただ、営業時間が 9:00~22:00 なので、あまり朝早く着いちゃうと営業してません。

co-op mini(コープ・ミニ)生瀬駅店

僕ならハイシーズンだけでも営業時間を早めるけどなぁ~。商売下手ですね^^;
この日も朝が少し早過ぎて、営業時間外。敷物買おうと思ってたけど、店が開いてないので仕方なく諦めました。

「co-op mini(コープ・ミニ)」を左手に見て、少し下りの道をどんどん歩き、トンネルを抜けます。
少しすると国道176号線の「西宝橋南詰」交差点に出るので左折します。

生瀬駅から国道176号線へ

「西宝橋南詰」交差点

「福知山・三田」方向に176号線の歩道を歩きます。
同じ「JR福知山廃線敷ハイキング」を目的とした人がたくさん歩いているので間違えることはないです^^

どんどんどんどん歩きます。遠いです。
176号線沿道

途中、歩道が狭くなったりしますが気にせずどんどん歩きます。
狭い沿道

観光地として整備していくという話でしたが、案内看板がなかなか出てきません。
やっと出てきたと思ったら、間違ったみたいで不細工な修正・・・ドンマイ。
間違った案内看板

この案内看板を信じるなら、JR生瀬駅から廃線敷入口まで1.7kmのようです。

更に進むと横断歩道が見えてきます。
実はこれを右に渡って、道を下っていくと「JR福知山廃線敷」の入口が見えてきます。
(前回、JR武田尾駅スタートの時はその坂を上がってきました。)
交差点・右に渡れば廃線敷ハイキングコース

ただ、ここに出ている案内看板では「横断歩道を渡らずに直進」となっていたので案内に従ってみることに。
ガードレールに案内板

少し歩くと「木ノ元」というバス停が出てきます。
ここの横断歩道は「押しボタン式信号」があります。なるほど、ここは安全に渡れるから推奨しているのですね。
木ノ元バス停

木ノ元バス停の横断歩道

横断歩道を渡るよう案内看板は指示

▲ ページTOPへ

横断歩道を渡ると少し大きな「橋」が見えてきます。
橋を渡ると遠ざかる気がしたのですが、前を歩く人が橋を渡ったので一緒になって渡ってみました。
橋を渡ってしまうと住宅街

橋を渡ると下るどころか住宅街の方に上がっていきます。この時点でハッキリ間違いに気づきました。
間違う人が多いのでしょうね。近所のおばちゃん達が正しい道を案内してくれてました。(迷惑してるんしょうね^^;)
住宅街


バス停からの正しい道
横断歩道を渡って、すぐ右にある下り坂の小路に入る。(橋の手前にあります。)


小路を下る
小路から少し大きめの道に出たら右折して、川(武庫川)の方に向かいます。
住宅街の狭い道を進みます
またまた狭い下りの道が見えてきますので、下ってから左折。「JR福知山廃線敷」の入口があります。
民家隣の狭い径

径を抜けると廃線敷ハイキングコース入口

▲ ページTOPへ

JR福知山廃線敷ハイキングコース

入口の注意事項が書かれた看板も綺麗になってました。
前は連絡先なんて書いてなかったんですが、ちゃんと書いてあります。
連絡先:西宮市役所公園緑地課(0798-35-3613)
(before)
(旧)入口看板
(after)
(新)入口看板

ここからハイキングコースの終点までの距離は全長4.7kmだそうです。
終点から武田尾駅まで少し距離があるので、生瀬駅からだと7kmってとこですね。

▲ ページTOPへ

最初の橋。
なんということでしょう!ボロボロだった橋がお洒落で綺麗な橋に生まれ変わっています!
(before)
(旧)橋
(after)
(新)橋

橋の下を流れる小川は相変わらず綺麗です♪
橋から見た綺麗な小川

道を歩くともう一つ前との違いを発見!
河側の鐵柵が補強されています。これで隙間も狭まり安全ですね。
錆び付いたままなのはわざとなんでしょうね。
(before)
(旧)鉄柵
(after)
(新)鉄柵

安全対策以外は基本的に前のままです。
廃墟感がいいですね♪
錆び付いた鉄柵

廃墟

▲ ページTOPへ

前に来た時は新緑でしたが、今回は紅葉。
落ち葉がいい感じです。
紅葉シーズンの廃線敷ハイキングコース

紅葉シーズンの廃線敷ハイキングコース2

危ない場所は新しい柵も設置してありました。
新しい柵

少し歩くともう一つ橋が出てきます。
橋は基本的に全て新しく綺麗にしたようですね。
(before)
古い橋2
(after)
新しくなった橋2

武庫川の渓流がいい感じのハイキングコースで廃線に興味がなくても飽きが来ないいいコースです。
武庫川上流の渓谷

▲ ページTOPへ

そうこうしているうちに最初のトンネル。
トンネルは明治時代に作られたそうで、レンガがレトロ感を演出してくれてます。
生瀬・名塩方面からの最初のトンネル

トンネルの中は照明・ライトが一切ないので真っ暗です。本当に何も見えません。懐中電灯があると便利ですが、スマホのライトでも足元が見えるので大丈夫です。
入口に枕木で作ったベンチがありました。こんなのも前はなく、枕木はただただ壁に立て掛けてらていました。
トンネルと枕木ベンチ

前はボコボコで歩きにくかったのですが、ちゃんと歩きやすいように足場を均してくれていました。
ちょっと綺麗にし過ぎ?な感じもしますが^^;

トンネルの出口が見えてくると何故か嬉しい^^
トンネルによっては思った以上に長いのがありますよ♪
トンネル出口

こんなのも前はなかったです。腰を下ろして休憩ができますね。
石の腰かけ場

前のフェンスを残しながら安全対策もしています。
古いフェンス

工事する前は足元を常に気にして歩かなければ危なかったですが、溝なんかも安全にしてくれてます。子供も安心してハイキングできます。
溝の橋


▲ ページTOPへ

どんどん進みます。景観は様々なバリエーションがあって楽しいです♪右手側が岩、左手側はレンガの壁、ここ好きだなぁ~(^^♪
右は岩

左はレンガ壁

やり過ぎた安全対策。こういう安全対策はちょっと興醒めしてしまいます^^; これは別に危なくないから柵で塞がなくても良かったのでは?
やり過ぎた安全対策

こういう安全対策はいいですね♪ 国鉄時代、線路の整備中に電車が来たら通過するまでここで避けたりしたのかな?
避難場所
ここからの眺めいいですよ♪
展望エリア

▲ ページTOPへ

そうこうしていると次のトンネル。森の中の廃線トンネルって感じでいいですね。
森の中の廃線トンネル

ここも歩きやすく砂利が敷かれて均されていました。他にもいくつかトンネルがありますが、全て歩きやすくなってました。
砂利で歩きやすくなっていたトンネル

トンネル内の照明の無い真っ暗なところでも枕木はありましたが、見事に砂利で段差を無くしています。凄いですねぇ~
トンネル内の暗いところは段差なし

2つ目のトンネルの出口付近、天井のレンガがいい感じです。
2つ目トンネル出口・天井レンガ

▲ ページTOPへ

まずは鉄橋を目指して歩いていましたが、その間はあまり紅葉!って感じはないです。
たまに見付けるとテンションが上がりました♪
たまにある紅葉

廃線と紅葉

謎の短いトンネル
短いトンネル

廃線ならではのオブジェ(?)
廃線敷オブジェ

所々にベンチを作ってくれているのは嬉しいですね。
枕木を利用したベンチ

トンネルとかに置きっぱなしになってた枕木がまとめられていました。今後何かに使うのかな?
枕木置き場

▲ ページTOPへ

3つ目のトンネルを抜けると武田尾廃線敷ハイキングコースの見所の一つ「鉄橋」があります。
トンネルを抜けると鉄橋

鉄橋を渡れるようにしたのは良いのですが、色は鉄橋に合わして欲しかったなぁ~。ちょっと綺麗過ぎですね^^;
(before)
旧鉄橋
(after)
新鉄橋

工事前は↓を渡ってました。工事の後は柵をしてで通れなくなってました。
鉄橋の横の通路

廃線鉄橋を越えると「宝塚市」、越える前は「西宮市」です。
鉄橋は西宮市と宝塚市の境界

鉄橋を渡り終わって、振り向いてパシャ。やっぱり画になりますね。
画になる廃線鉄橋

▲ ページTOPへ

鉄橋の次のトンネルを抜けると紅葉や景観が綺麗なエリアに入ります。
紅葉綺麗エリア・スタート

景観ゾーン

ここも画になります。
紅葉と廃線敷

廃線・枕木ショット

枕木を使って橋にしたのはいいですね。
枕木橋

紅葉と緑が綺麗です。こういう画になるスポットがたくさんあります^^
廃線敷ハイキング・フォトスポット

紅葉と廃線敷


▲ ページTOPへ

展望広場入口。ベンチができてました。
展望広場

晴れてたらめっちゃ綺麗です♪残念ながら曇りでイマイチでした^^;
展望広場

下に降りれる梯子があるのですが、立ち入り禁止です。
国鉄廃線っぽい場所

国鉄廃線っぽい場所・ハシゴ

新しく作ったガードレールの場所もあります。趣がないですね。せめて色を合わして欲しかった^^;
趣のない場所

▲ ページTOPへ

展望広場を抜けると案内板があります。トイレはまだまだ先です。
案内板

「親水広場」への道。紅葉が綺麗でした。結構もみじの葉が落ちていたので紅葉の見頃はもう少し前だったのかもしれません^^;
親水広場への道

親水広場への道2

親水広場、紅葉の絨毯。
親水広場・紅葉絨毯

親水広場

河原に降りれます。ここでお弁当食べたりしたら気持ちいいですよ♪
親水広場から河原へ降りれます

桜の季節は「桜の園」に行ってみたいと思います。
桜の園入口

▲ ページTOPへ

ここまで来ればゴールは近いです。トンネルは残り2つ。
親水広場を過ぎてすぐのトンネル

ラストスパート!
ラストスパート1

ラストスパート2

最後のトンネル。トンネルはどれもちょっとずつ雰囲気が違います。
最後のトンネル

廃線敷ハイキングコースのゴール。武田尾駅から来たらスタートです。
廃線敷ハイキングコース・ゴール

廃線敷ハイキングコース・ゴール2

前回春に来た時も工事してましたが、まだ河原と道の工事がしてました。何してるんだろ?
工事1

工事2

■ゴール・JR福知山線「武田尾駅

廃線敷ハイキングコースをゴールしてからも武田尾駅まで1kmくらい歩きます。
自動車でやって来る人も多いようで、路上駐車している車が多い!駐車場もありますが、少ないので電車で行った方がいいですよ。
路上駐車の車がいっぱい

路駐の車たち

バス停がありましたが、本数が少な過ぎ。使えませんね^^;
バス停

JR武田尾駅の近くの駐車場「宝塚市立武田尾駅前有料駐車場」はほとんどが定期契約らしく、一時預かりは少ないそうです。
1週間前から予約ができるらしいので、どうしても車で行きたい場合は電話で予約しておくといいと思います。
TEL:0797-91-0245
宝塚市立武田尾駅前有料駐車場

看板の前に公衆トイレがあります。
JR武田尾駅近くの公衆トイレ

トイレから少し歩くと武田尾駅、ゴールです!
JR武田尾駅

写真を撮りながらゆっくり歩きましたが、3時間弱でゴールできました。
次回は春の桜シーズンに行ってみようと思います♪

春だ!桜だ!武田尾廃線敷ハイキングに行ってきました♪【前編】
春だ!桜だ!武田尾廃線敷ハイキングに行ってきました♪【後編】
【安全対策工事前】武田尾スタートの旧JR福知山線廃線敷ハイキングコース



▲ページTOPへ