グランベール京都ゴルフ倶楽部[ウエストコース]に行ってきました(2)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

前半INコースを終えてランチへ。
スコアが良くても悪くても昼食はビールを飲んで楽しみます♪

ランチは「鴨せいろ蕎麦と巻き寿司」を食べました。
これはかなり旨かったです♪
鴨せいろ蕎麦と巻き寿司

同組の人達は違うメニューを注文していましたが、どれも美味しいと言っておりました(^^)

ランチを食べても時間が余ったので、前半調子の悪かったパターの練習をしっかりやりました。
パッティンググリーン練習場
巻き返しを心に誓い、いざ後半!
「ウエストコース」の「OUTコース」へ。

[OUTコース]

1番ホール(Par.5)
462ヤードのロングホール。ストレートでティーショットはやや打ち下ろし。
グランベール京都GCウエストコース1番ホール

グランベール京都GCウエストコース1番ホール2nd
左右広くて「親しみとゆとり」を感じるホールで、気持ちよく2オン2パットのパー発進!

▲ ページTOPへ

2番ホール(Par.4)
350ヤードのミドルホール。やや左ドッグレッグですがグリーンはティーグランドから視認できます。
ティーショットはやや打ち下ろしでフェアウェイ左のバンカーが気になります。
左はOBラインがなく、「親しみとゆとり」が感じられます。
グランベール京都GCウエストコース2番ホール

グランベール京都GCウエストコース2番ホール2nd
左セーフに安心し過ぎて左に打ち過ぎ、隣のホールへ。
セカンドは2番ホールに戻すだけで3打目勝負も失敗の連鎖で痛恨のトリプルボギー・・・

▲ ページTOPへ

3番ホール(Par.3)
この日は105ヤード、池越えショートホール。高低差はほぼないので距離どおりのショットが求められます。
距離が短いので池越えでもそれ程プレッシャーはなかったです。
グランベール京都GCウエストコース3番ホール
バンカー入れたくないので少し右に逃げ過ぎて1オン逃し、アプローチで痛恨のダブり。
このホールでダブルボギーは痛いです(T_T)

▲ ページTOPへ

4番ホール(Par.5)
430ヤードのロングホール。ティーショットもセカンドも打ち上げです。
ティーショットは普通に打てば池に落ちることはないですが、左は林にバンカーが気になるので見た目以上に狭く感じるホールです。
セカンドなどの方が打ち上げの傾斜がキツく、距離は短いですがタフなホールです。
グランベール京都GCウエストコース4番ホール

グランベール京都GCウエストコース4番ホール2nd
「親しみとゆとり」はあまり感じません(^^;
それでもロングホールは落としたくないので、頑張ってなんとかパーセーブ。

▲ ページTOPへ

5番ホール(Par.4)
333ヤードのミドルホール。ティーショットはやや打ち上げですが、200ヤード付近からは打ち下ろし。
ティーグランドからは先が見えないですが、フェアウェイは緩やかに右にカーブしているのでティーショットはセンターよりやや右サイド狙い。
距離は短いので、飛距離より正確性が重要です。
グランベール京都GCウエストコース5番ホール

グランベール京都GCウエストコース5番ホール2nd
セカンドの距離感が難しく、セカンドでショートしアプローチもミスでダボ…難しくないホールで崩しちゃダメだぁ~(/_;)

▲ ページTOPへ

6番ホール(Par.3)
この日は129ヤードのショートホール。ウエストコースで唯一の池が絡まないショートホールです。
ガードバンカーが深くてアゴが高いので避ければ特に問題のないホールです。
と思ったら問題のガードバンカー、しかも斜面に突き刺さる大事故発生!バンカー出すのに2打を要しダブルボギー…(T_T)
グランベール京都GCウエストコース6番ホール

▲ ページTOPへ

7番ホール(Par.4)
324ヤードの谷越えミドルホール。谷を越えるのは普通に打てば越えるし、左右が斜面で受けているのでそれ程プレッシャーはないです。
セカンドからは打ち上げで、グリーン面が見えないので距離感に注意です。
グリーンが見えない時はピンポジションが「赤・白・青」の3種類しかわからないのは厳しいです。
GPS機能付きカートで事前にちゃんとチェックしておきましょう。
グランベール京都GCウエストコース7番ホール

グランベール京都GCウエストコース7番ホール2nd
アップヒルでは時々思った以上に距離が出ない時があります。セカンドショットが自分でもびっくりするショート。パーオン逃しのボギー(^^;

▲ ページTOPへ

8番ホール(Par.4)
340ヤードのミドルホール。軽く右にカーブしていますが、ティグランドからグリーンが視認できます。
左右はワイドで「親しみとゆとり」を感じるホールです。
グランベール京都GCウエストコース8番ホール

グランベール京都GCウエストコース8番ホール2nd
ゆとりがあり過ぎて、距離を出そうと力み過ぎて引っ掛け!左の林に突っ込みOB…チャンスホールでダブルボギーは痛いです(T_T)

▲ ページTOPへ

9番ホール(Par.4)
363ヤードのミドルホール。緩やかな左ドッグレッグホールで、ティーグランドからグリーンが見えません。
ティグランドから打ち出しが狭く感じるので変なプレッシャーを感じます。
セカンドは打ち上げなので距離感に注意です。
ここもグリーンの大きさがわからないのでGPS機能付きカートで事前にちゃんとチェックしておきましょう。
グランベール京都GCウエストコース9番ホール

グランベール京都GCウエストコース9番ホール2nd
セカンドでショートしないように大きめのクラブ選択が成功!喜んだのに3パットでボギーって(T_T)

▲ ページTOPへ

後半は「パー2」「ボギー2」「ダブルボギー4」「トリプルボギー1」でスコアは前半(INコース)から更に一つ落とし「49」でトータル「97」。
ドライバーはまだマシだったのですが、やっぱりアイアンが安定しないとスコアはまとまりませんね。

あと、エアレーションしたてのようでグリーンに砂が多くて最後までパットの距離感が掴めず。
グリーンスピード「8.5」となっていましたが、それ以上に遅かったです。
少し速いくらい、10~10.5フィートくらいが好きなんだけど残念でした(^^;

↓前半(INコース)のラウンドはこちら
グランベール京都ゴルフ倶楽部ウエストコース「INコース」

▲ ページTOPへ

アコーディアが運営してまだ2年ということもあり、まだまだ高級感が残っています。
ただやっぱりアコーディアだな、と思うのはグリーンのピン表示。
旗の色でピン位置が違っており、「赤:手前」「白:中央」「青;奥」。なんてアバウトな・・・
ここはまだ「GPS機能付きカート」なのでマシですが(^^;
GPS機能付きカート

そして、お客さんを詰め込み過ぎるからでしょうね、ちょっと遅れただけで猛烈に「スピードプレー」を求めてきます!
一番嫌な「スタッフが付いて回る」プレッシャー。
そもそもメンタルスポーツと言われているゴルフで、ゴルフ場がプレッシャーを掛けてくるってどうなの?
「ちょっと遅れているので少しプレーを速めてください」と言ってくれるだけで、急げるところは急ぐのに。
キャディーのカッコはしているが、急げ急げと言うだけでカート動かすくらいで何も手伝いもしない人と一緒にラウンドするのがどれだけ苦痛かわかってないのでしょうね。ミスが増えるので余計に遅くなるのに・・・
今回は前の組は「2人」、その前も「3人」。対してこちらは「4人」。どうやっても追いつけませんよ。(3番目スタート)
「前が空いてる」と言われても基本無理があります。

愚痴が止まらなくなりました(^^;
それでも、かつての名門ゴルフ場がかなりリーズナブルにラウンドできるのはアコーデイアのいい点です。
アコーディアに運営が代わってからイーストコースもビジターでプレーできるということなので、コースが荒れ果ててしまう前に今度はイーストコースもラウンドしたいと思います。

▲ ページTOPへ


グランベール京都ゴルフ倶楽部
住所:〒622-0202 京都府船井郡京丹波町実勢上ノ谷4-1
TEL:0771-82-2166
TEL:0771-82-2166
開場日:平成07年10月06日
定休日:不定休
コース設計者:加藤福一

アクセスマップ(地図)

コース予約
GDOで予約する 楽天GORAで予約する



▲ページTOPへ