るり渓自然公園・渓流歩道(ハイキング道)を散策

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

今年開業して一躍話題と人気の施設となった、るり渓温泉のグランピング『GRAX(グラックス)』。オープン間もない2016年7月11日に一度体験してきましたが、気に入ったのでまた行ってきました。

2度目の今回は前回と違ったこと、できなかったことを中心に体験してきました。

その一つが京都府立自然公園『るり渓自然公園・渓流歩道』(ハイキングコース)の散策です。
るり渓自然公園・渓流歩道

前回もGRAXから近いと思って、あまり調べもしないで歩いて行ってみたのですが場所がよくわからず、そして夏の暑さに負けて途中で断念。高原とは言えハイキングどころじゃない暑さでした^^;

調べてみると、るり渓の渓流って渓流歩道の入口はそこそこ近いのですが、見たかった滝『鳴瀑(めいばく)』は思った以上に遠いことが判明。GRAXの受付まで時間敵には1時間30分程しかないので、効率的に渓流散策を楽しんできました。

スポンサーリンク

るり渓・渓流歩道の入口

渓流歩道の入口までは距離にして500m程で、こちらは歩いて行くことは可能です。
実は7月に来た際も、通天湖の駐車場近くまでは歩いてきました。
ただ正確な場所もわからず、あまりに暑かったので遊歩道の入口を探すこともせず、勝手にめっちゃ遠いと思い込み、引き返してしまいました^^;

地図で見るとこんなに近いです。
▼GRAXから「るり渓・渓流歩道」へのアクセスマップ
るり渓渓流歩道の入口
紅葉シーズンや桜や新緑の季節など涼しい季節や歩くのが大好き!という人なら歩いて行くのもいいですね。平日なのにハイキングしている人が結構いました。
「鳴瀑の滝」へはかなり遠いので歩くのはちょっと、という方は迷わず自動車で行くことをオススメします。

通天湖と渓流歩道、両方兼ねている駐車場。
渓流歩道入口近くの駐車場、かなり狭くて停めることの台数はわずか7台。
平日だったのでガラガラでしたが、休日や紅葉のシーズンなんかは厳しいでしょうね^^;
滝まで見に行かないのであれば、ハイシーズンは歩いて行く方がいいでしょうね。

・左手に見える建物は公衆トイレ。トイレの手前を左に曲がると駐車場へ上がるスロープがあります。
通天湖・遊歩道入口のトイレ

・るり渓渓流遊歩道入口近くの駐車場。7台駐車可。
るり渓渓流遊歩道入口近くの駐車場

るり渓渓流遊歩道入口近くの駐車場2

トイレはちゃんと清掃されており綺麗です。
・公衆トイレ(小)
公衆トイレ(小)

・公衆トイレ(大)
和式ですが、トイレットペーパーはちゃんとありました。
公衆トイレ(大)

これは正規のパーキングエリアじゃないとは思いますが、遊歩道入口横にも停車している車を何台か見かけました。
遊歩道入口横に駐車している車

「駐車禁止」の張り紙などはなかったですが、どうなんでしょうね。
本当は駐車禁止?

▲ ページTOPへ

るり渓・渓流歩道

駐車場からは道を挟んだ反対側に渓流歩道の入口があります。
るり渓遊歩道入口

入口の横には『通天湖』の説明看板があります。
「天にも届かんばかりの高いところにある湖」という意味だそうです。別称「るり湖」、なんか変ですね^^;
通天湖(るり湖)の説明

ちなみにこの日の通天湖↓
通天湖

入口入った途端、すぐ階段です。
かなり下らないといけません。
少し歩きにくいので、サンダルやヒールの高い靴なんかだと危ないです!
渓流歩道へはかなり下り

渓流歩道へのスロープ

しばらく下って行くと、通天湖のダムから流れ落ちる水の大カーテンが見えてきます!
通天湖ダムの大カーテン

高さ12.5mの水の大カーテン!確かに「見事!」の一言に尽きます!!
もう少し紅葉が進んだらもっと綺麗でしょうね♪
水の大カーテン

通天湖~るり渓

るり渓の渓流は通天湖の水だったんですね~
通天湖から流れる水がるり渓渓流

少し離れたところからもパシャ!画になりますねぇ~(^^♪
通天湖ダムの水の大カーテン

渓流歩道をしばらく歩いてみました。ハイキングにはちょうどいい感じの道です。
晴れていればもっと綺麗だったんでしょうが、天気はどんどん曇ってきました^^;
るり渓渓流歩道

るり渓渓流歩道散策

夏の暑い日だったら子供は水遊びできそうですね♪
るり渓・渓流

るり渓渓流1

るり渓渓流2

鳴瀑の滝までかなり遠いので途中で駐車場へ引き返しました。
通天湖から鳴瀑へはかなりの距離あり

スポンサーリンク

▲ ページTOPへ

るり渓の滝『鳴瀑』

京都府立自然公園「るり渓」にある滝で、「日本の音風景100選」に選ばれた名勝地。
滝の裏が空洞になっており、音がすることから『鳴瀑』と呼ばれているそうです。

『鳴瀑」へは行くには、通天湖からは車で山を下ることになります。
一本道をひたすら道なりにまっすぐ下っていくと、「京都府立公園・名勝るり渓入口・駐車場まであと500m」という看板が見えてきます。
駐車場まであと500m

とりあえず一回『鳴瀑』を通り過ぎます。鳴瀑の200m先にパーキングがあります。
鳴瀑近くの駐車場へ

鳴瀑近くの駐車場に到着。
通天湖近くの駐車場より広くて、12台駐車できます。
鳴瀑の滝近くのパーキング

大型バス専用駐車場もあります。
紅葉シーズンとか桜のシーズンなんかは観光ルートになっているのかな?
大型バス専用駐車場

駐車場から鳴瀑へは200m、渓流歩道入口(通天湖から入ると出口)までは950mです。
鳴瀑・渓流歩道への案内板

駐車場付近~鳴瀑付近はかなり寂れています。
駐車場の前にお食事・ご休憩「琉雅亭」ってのがありましたが、なんか怖くて入れませんでした^^;
お店の前にお米やさつまいもが売られていました。
お食事・ご休憩「琉雅亭」

自家製米

さつまいも・いもほり

るり渓観光農園」を営んでいるようで、看板によると「関西で有名」らしいです。
るり渓観光農園
●さつまいも:2株500円(9月中旬~11月中旬)
●ピーナッツ(落花生):1株300円(10月上旬~10月下旬)
●黒豆の枝豆:1株500円(10月中旬~)
入園料無料で駐車場も無料です。
ご興味があればどうぞ^^


気になったのが民宿「るりや」。
「いつでも入れる温泉お風呂」って看板に書いてますが、そもそも営業しているのでしょうか^^;
ネットで調べてもわかりませんでした・・・
民宿るりや

民宿るりや入口

鳴瀑まで行くまでに明らかに潰れた民宿がいくつかあります。
民宿鳴瀑

潰れた民宿

なんか寂しいですね・・・

そんな寂しい道をしばらく歩くと『名勝琉璃渓』の石碑が見えてきます。
その奥にかすかに見える滝が『鳴瀑』です!
名勝琉璃渓

さすが「るり渓」随一の名勝地、『鳴瀑』を眺めるための休憩所があります。
鳴瀑の休憩所

休憩所から眺める『鳴瀑』。小さい滝ですが風情がありますね(^^♪
休憩所からの鳴瀑

るり渓・鳴瀑

やっぱり滝は癒されますね~♪ 大好きです(^^♪

▼GRAXから「るり渓・鳴瀑近くの駐車場」へのアクセスマップ
るり渓GRAX~鳴瀑駐車場

鳴瀑近くの駐車場
車だと6分ですが、徒歩だと59分!ですって^^;

ぐるりんバス」というバスが走っていますが、本数は少ないです。
・民宿「るりや」横のバス停
るりんバス・バス停

・「ぐるりんバス」時刻表
ぐるりんバス時刻表
1日1本とか2本とかって利用している人っているのかな?^^;

最後に、「鳴瀑」近くの駐車場のトイレをご紹介。
ちゃんと掃除されていて結構綺麗です♪
鳴瀑駐車場近くのトイレ

・トイレ(小)
トイレ小

・トイレ(大)
和式ですが、ちゃんと水洗トイレでトイレットペーパーもありました。
トイレ大

スポンサーリンク



▲ページTOPへ